google-site-verification" content="Z2kjK6LehwN9i8KhnQlPVArafx8rIuRMV8I5pT_YbBg" />

レオ日記

西武ライオンズを応援するブログです。

ドラフト会議を終えて、ライオンズ指名選手まとめ②4~7位。

皆さんこんにちは!!

 

25日にドラフト会議が行われ、ライオンズは7人の選手を指名しました。今回は、ライオンズが指名した7選手のうち4位指名以降の選手の解説をしていきたいと思います!

 

1~3位指名選手の解説はこちらから。

 

vnao-19.hatenablog.com

 

どうぞ最後までお付き合いください。(^^)/

 

指名選手

4位 粟津凱士

粟津投手は、東日本国際大学から初のドラフト指名選手になりました。

 

粟津投手のプロフィール

生年月日:1997年3月1日

出身:山形県山形市

身長:180cm

体重:80kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は、山形県山本学園高校。

2年生の秋にはエースとして、同校初の県大会優勝に貢献。

卒業後は東日本国際大学へ進学。

東日本国際大学では、3年秋のリーグ戦で3季ぶりのリーグ優勝に貢献。

4年春のリーグ戦では、優秀選手賞、最多勝利投手賞、ベストナインを獲得。 

 

選手としての特徴

スリークオーターから最速147kmのストレートと、2種類のシンカーが武器。

 

5位 牧野翔矢

5巡目では将来性のある捕手を指名しました。

 

渡邉選手のプロフィール

生年月日:2001年3月4日

出身:石川県穴水町

身長:178cm

体重:80kg

ポジション:捕手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は、石川県の遊学館高校。

1年春からベンチ入りし、2年春からは正捕手を務める。

3年間で甲子園出場はならず。

 

選手としての特徴

パンチ力のある打撃と強肩が武器。身体能力が高く将来性のある選手。

 

6位森脇亮介

6巡目では、社会人から即戦力として期待の投手を指名。

 

森脇投手のプロフィール

生年月日:1992年7月13日

出身:京都府福知山市

身長:175cm

体重:70kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は、京都の塔南高校。

1年秋には、エースとして京都大会3位に導く。

高校卒業後は、日本大学に進学。

2年秋からベンチ入りし、3年秋には同学年の戸根(現巨人)とダブルエースとして活躍。

その後は、社会人チームセガサミーに入団。

 

選手としての特徴

最速152kmのストレートと、落差のあるフォークボールが武器。

 

7位佐藤龍世

最後は、15年多和田以来富士大から3年ぶりの指名に。

 

佐藤選手のプロフィール

生年月日:1997年1月15日

出身:北海道厚岸町

身長:173cm

体重:76kg

ポジション:三塁手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は北海道の北海高校

3年夏には4番サードとして中軸を担いますが、初戦敗退で甲子園出場はならず。

高校卒業後は富士大学に進学。

1年秋からサードのレギュラーを掴み、ベストナインを獲得。

その後も主力として活躍し、大学通算打率.357、5本塁打35打点の成績。

 

選手としての特徴

力強いスイングが魅力の内野手

 

まとめ

4位以降は、即戦力投手2人に将来性のある捕手、さらに強打の内野手の指名になりました。個人的に注目したいのは、社会人から26歳でのプロ入りとなる森脇投手です。得意のフォークを武器に、1年目からブルペン陣を支えてほしい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

良かったらポチっと、お願いします。( `ー´)ノ

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ドラフト会議を終えて、ライオンズ指名選手まとめ①1~3位。

皆さんこんにちは!!

 

25日にドラフト会議が行われ、ライオンズは7人の選手を指名しました。今回は、ライオンズが指名した7選手のうち上位指名の3選手の解説をしていきたいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合いください。(^^)/

 

指名選手

1位 松本航

他11球団が高校生野手の指名をする中、ライオンズは松本投手を選択しました。見事、競合することなく松本投手の交渉権を獲得しました!

 

松本投手のプロフィール

生年月日:1996年11月28日

出身:兵庫県朝来市

身長:176cm

体重:85kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は、兵庫県の明石工業高校。

2年生の頃からエースとして活躍も、甲子園出場はならず。

卒業後は日本体育大学へ進学。

日本体育大学では、1年生の頃から先発の柱として活躍。

3年生の頃には、日本体育大学を37年ぶりの明治神宮野球大会優勝に導きました。

さらにこの年、大学日本代表に選ばれています。

 

選手としての特徴

最速155kmのストレートと、カットボール、カーブ、スライダー、スプリットなどの変化球が持ち味。

 

2位 渡邉勇太朗

ライオンズは2巡目も投手を指名しました。地元埼玉県出身、浦和学院高校の渡邉投手を指名しました!

 

渡邉投手のプロフィール

生年月日:2000年9月21日

出身:埼玉県羽生市

身長:190cm

体重:90kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

羽生市立東中学時代には、全国大会出場。

高校は地元の浦和学院高校に進学。

1年生の頃からベンチ入りを果たしています。

今年の春には練習中に右ひじの靭帯を損傷し、2か月間投球ができない期間がありましたが、夏には復帰しました。

甲子園ではエースとして3試合に先発。2,3回戦は無失点の投球で、チームを勝利に導きました。準々決勝では大阪桐蔭に敗れました。

 

選手としての特徴

190cmの長身から投げ下ろす、140km後半のストレートとスライダー、カーブ、スプリットなどの変化球が持ち味。

 

3位山野辺翔

3位では野手を選択。社会人の強打の二塁手、山野辺選手を指名しました!浅村の後釜としての指名なのか、、

 

山野辺選手のプロフィール

生年月日:1994年5月24日

出身:東京都府中市

身長:170cm

体重:70kg

ポジション:二塁手

投打:右投げ右打ち

 

経歴

高校は神奈川県の桐蔭学園高校

3年生の夏の予選では、主に9番セカンドとして全7試合に出場しました。

決勝で松井祐樹(現楽天)を擁する桐光学園に敗れ、惜しくも甲子園出場はならず。

高校卒業後は、桜美林大学に進学。

4年秋には、佐々木千隼(現ロッテ)とともにリーグ戦初優勝を果たしました。さらに、明治神宮野球大会では初出場で決勝まで勝ち上がりました。決勝では柳(現中日)を擁する明治大学に敗れ、惜しくも準優勝でした。

 大学卒業後は、社会人野球の三菱自動車岡崎へ。

1年目からセカンドのレギュラーとしてプレーしています。

 

選手としての特徴

走攻守三拍子そろった内野手。小柄ながら左右両方向に長打が打てる。

 

 

まとめ

ライオンズは、1巡目で即戦力として期待される松本航投手を、単独で指名することに成功しました。1年目から、手薄なライオンズの先発投手陣を支える投手になってほしいです。2巡目では、浦和学院高校の渡邉投手を指名しました。こちらは、将来の活躍が期待できるスケールの大きな投手です。3巡目では、社会人の強打の二塁手山野辺選手を指名しました。右打ちの茂木(楽天)とも評されており、1年目からの活躍が期待できそうです。

 

4位以降は次回。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

良かったらポチっと、お願いします。( `ー´)ノ

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

25日は運命のドラフト会議。

皆さんこんにちは!!

 

csで改めて投手陣の弱さが目立ったライオンズですが、今年のドラフトではどんな選手の指名になるのでしょうか。

 

今回は、25日(木)に迫った2018年ドラフト会議について書いていきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。(^^)/

 

去年のドラフトは?

 今年のドラフトの話をする前に、去年のドラフトについて振り返ってみたいと思います。

 

2017年ドラフト指名選手

 

1位 斉藤 大将 投 手 明 大 22 契10000、年1500
2位 西川 愛也 外野手 花咲徳栄 18 契7000、年700
3位 伊藤  翔 投 手 四国IL・徳島 19 契5000、年600
4位 平良 海馬 投 手 八重山商工 18 契4000、年600
5位 与座 海人 投 手 岐阜経大 22 契3000、年700
6位 綱島 龍生 内野手 糸魚川白嶺 18 契1500、年500

2017年指名選手 - ドラフト - 野球 - SANSPO.COM

 

振り返ってみると、投手が4人、野手が2人とやはり投手が多め。野手2人は、将来性を見ての高校生の指名でした。

 

1位の斉藤は、即戦力として期待され、オープン戦でも登板しましたが結果が出ず。1軍では16試合に登板しましたが、打ち込まれる試合が目立ちました。

 

この中で、1軍での活躍が目立ったのは3位の伊藤です。7月には中継ぎでプロ初勝利を挙げ、シーズン終盤のロッテ戦ではプロ初先発で勝利(3勝目)を挙げました。

 

ですがこう見ると、残念ながら1年目から目立った活躍をした選手はいませんでした。

 

今年は、やはり即戦力として2ケタ勝てるピッチャーが欲しい。。(DeNAの東みたいな、、)

 

2018年ドラフト1位指名は?

個人的な希望としては、即戦力として活躍してくれる投手。ずばり、日本体育大松本航投手です!

 

松本投手の経歴としては、

高校は公立の明石商業。

2年生の頃からエースとして活躍。

激戦の兵庫予選を勝ち抜くことはできず、甲子園出場は逃す。

日本体育大では1年生の頃から先発の柱として活躍。

日本体育大の13年ぶりの明治神宮野球大会出場に貢献。

3年生の頃には大学日本代表に選ばれる。

最速155キロのストレート、変化球はカーブ、スライダー、スプリットなどを投げる。

と、このような感じです。

 

他には、大阪桐蔭の根尾、金足農の吉田、東洋大の上茶谷、甲斐野あたりが候補になるでしょうか。

 

まとめ

チームの戦力を考えると、1位は投手で行ってほしい気持ちが大きいですが、渡辺SDにはドラフトで良い野手がいる時には野手をとるという発言もありました。最終的な指名選手はドラフト会議前日(24日)に決めるようです。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

良かったらポチっと、お願いします。( `ー´)ノ

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

csファイナルステージ総括②

皆さんこんにちは!!

 

前回の記事、csファイナルステージ総括①では第2戦までの振り返りをしましたが、今回は第3戦以降について書いていきたいと思います。

 

どうぞ最後までお付き合いください。(^^)/

 

第3戦

西武 4-15 ソフトバンク

 

第3戦の先発は西武榎田、ソフトバンク千賀でした。

 

千賀は苦手メットライフドームでの登板。9月2戦の対戦では、いずれも初回にライオンズが先制し、試合を優位に進めました。

 

前日の試合で2ケタ得点した流れそのまま、初回から得点していきたいところでしたが、、、

 

不調の秋山はあっさり三振、好調の源田、浅村も続けて打ち取られ初回は3者凡退。これまでの千賀とは違いました、、(どうやら、傾斜の緩いマウンドに慣れるための対策として、ブルペンでの投球を工夫したよう。。)

 

榎田は打順が2巡目に入った、3回に攻略されてしまいました。。8,9番に出塁を許し上林に一発と。第1戦にもあったこの光景。。

 

その後、第1戦で登板し1回3失点の投球だった十亀が2番手で登板し、2イニングを投げて8失点と。試合が中盤を迎えたところで、試合が決まりました。

 

ライオンズがやりたい攻撃、下位から上位につなげる攻撃を第1、3戦はまんまと決められてしまいましたね。。これに関しては、投手陣の注意不足だったかなと思います。。

 

さらに、どうして2番手が十亀だったのか。もっと言えば、第1戦で打たれた十亀がどうしてまだベンチ入りしていたのか。不思議でした。。(第1戦の投球を見て、多くのライオンズファンは十亀はダメだと思っていたはず。。)

 

3戦終えて2勝2敗の五分でした。ですがここまでの試合内容を見て、正直この先ライオンズが2勝する未来は見えなかったですね。。

 

第4戦

西武 2-8 ソフトバンク

 

第4戦の先発は西武今井、ソフトバンクは東浜でした。

 

この試合ライオンズが勝利するビジョンとしては今井が6回4失点以内、東浜からたくさん点を取る、だったかなと。

 

第1,3戦と9番の甲斐にうまくつながれての大量失点となっていましたが、またしてもこの試合、甲斐にやられました。。

 

柳田のホームランは正直しょうがないかなと。反省すべきは直前のグラシアルへのフォアボール。ですが、甲斐のホームランは余計でした。。(「フォアボール出すなら打たれろ」なんてよく言いますが、やっぱり打たれるのもダメです。。)

 

ライオンズはこの試合、シリーズ初9番でスタメン出場の木村に追撃のホームランが生まれましたが、2点ビハインドの7回に悪夢が、、

 

7回は、増田が2つのフォアボール、続いて登板したマーティンもフォアボール2つに2本のタイムリーと。計4失点で6点差となり、試合終了。

 

2勝3敗となり、ソフトバンク日本シリーズ進出に王手をかけました。

 

増田とマーティンにこんなピッチングされたら、もういよいよ終わりです。

 

第5戦

西武 5-6 ソフトバンク

 

第5戦先発は西武ウルフ、ソフトバンク高橋礼でした。

 

この試合は、前日負傷交代となった森がまさかのスタメンマスク。シリーズ5戦目にして初めて打順を組み替え、6番以降外崎、中村、森、メヒアの順番に。

 

第3戦、アウトにはなったものの良い当たりを放った木村が、第4戦ではスタメンに抜擢。その木村は、第4戦ではホームランを放つ活躍。当然、第5戦もスタメンかと思ったら、、メヒア。。(メヒアは高橋礼に対して3-3と相性が良かったようですが、、)

 

打ってくれれば何も文句はないのですが、、そんなメヒアは三振に、チャンスでショートゴロゲッツーと。これは完全に采配ミスでしょう。

 

試合はソフトバンクが連勝の勢いそのまま、初回に3点先制。はい、終わった。。

 

打線は3回まで無安打。序盤の攻防を見ると、よく最後1点差まで追い上げたなという感じ。

 

8回には、前日の試合で打ち込まれたマーティンが登板。(他にいないんで、、)この試合もフォアボールからピンチを作り、上林の一撃。この回2失点で、追い上げムードに水を差す結果に。。

 

8,9回には不調の秋山、中村のバットから得点が生まれましたが、1点届かず。。

 

これにて、2勝4敗となりライオンズの10年ぶり日本シリーズ進出は叶いませんでした。。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

良かったらポチっと、お願いします。( `ー´)ノ

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

csファイナルステージ総括①

皆さんこんにちは!!

 

21日に行われたcsファイナルステージ第5戦、ライオンズはソフトバンクに5-6で敗れ、10年ぶりの日本シリーズ進出は叶いませんでした。

 

今回は、計5戦行われたcsファイナルステージ、それぞれの試合の振り返りをしていきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。(^^)/

 

第1戦

西武 4-10 ソフトバンク

 

初戦の先発は西武菊池、ソフトバンクバンデンハークでした。

 

個人的には、シーズン終盤に菊池はソフトバンク戦初勝利を挙げ、さらに相手バンデンハークからは今年は良く打っているということで、ライオンズ有利と見ていました。

 

ところが、今季対西武3戦で14つもの四死球を与えていたバンデンハークが、6回まで無四球の好投。(好投と言っても4点は取れていましたが、、)

 

対する菊池は、逆転した後勝負の4回に9番甲斐へ与えたフォアボールからこの回大量4失点。さらに血豆が何とか、、なんて情報もありましたが、、。フォアボールが明暗を分ける結果になりました。。

 

さらに、この試合ライオンズにとって不運なあたりがいくつもありましたね。。

 

6回にはボテボテのあたりがタイムリー内野安打。7回には折れたバットが三塁方向へとび、サードゴロを処理できず(記録はサードのエラー)。さらに満塁からセカンドベース付近へのゴロ、ゲッツーかと思われましたが、アンツーカーで高くバウンドしセンター前へ抜けるあたりになったりと。

 

勝敗に直結するプレーではなかったですが、この6,7回の失点で終盤の追い上げが難しくなってしまいました。。

 

第2戦

西武 13-5 ソフトバンク

 

第2戦の先発は西武多和田、ソフトバンクミランダでした。

 

多和田は打線の援護が多かったとはいえ、シーズン16勝を挙げ最多勝を獲得しました。投手の分業制が進む中で、完投数はリーグトップの5、完封数も上沢、武田の3に次ぐ2つ。(その2つがいずれもオリックス戦だったということは黙っておこう)さらに投球回数は、則本に次ぐリーグ2位の172.2回と十分最多勝にふさわしい成績だったと思います。

 

そんな多和田、対ソフトバンク防御率は9点超という成績でしたが、2試合しか登板していないのに防御率なんてあてになりません。7月のメットライフドームでの対戦では、8回まで0に抑えながらも、9回に4失点するという結果でした。

 

相手はファーストステージではイマイチだったミランダ、さらに中4日での登板ということで、この試合も十分期待できる。

 

第2戦は、初回からライオンズらしい攻撃が見れました。栗山のスリーランで先制。さらに、2回に4点、3回に1点と序盤3イニングで大量8点をを奪いました。

 

2,3回とソフトバンクも点を返しましたが、4回以降は多和田が良いピッチング。2番手以降も増田、マーティン、ヒースが0に抑え、ライオンズがシリーズ初勝利となりました。

 

今回はここまで。

次回は、第3戦以降について書いていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

良かったらポチっと、お願いします。( `ー´)ノ

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村